フケ 炎症 脱毛

フケや炎症による脱毛

フケや炎症による脱毛で、悩んでいる人は、いませんか?
これには、批糠性脱毛症(ひこう性脱毛症)と、脂漏性脱毛症(しろう性脱毛症)の可能性があります。
このふたつの脱毛症は、どのような症状のものなのでしょうか。
ここで、お話したいと思います。

 

批糠性脱毛症(ひこう性脱毛症)

 

批糠性脱毛症(ひこう性脱毛症)という言葉を、聞いたことはありますか?
これは、乾燥したフケを伴う脱毛症のことをいいます。
頭皮の毛穴を、フケが塞いでしまうことで、炎症を起こし、髪が成長出来なくなってしまいます。

 

頭皮の脂やにおいが気になり、頻繁にシャンプーしてしまうことは、ありませんか?
また、しっかり洗おうと、ゴシゴシ洗ってしまったりということもあるのではないでしょうか。
ですが、それは、頭皮を痛めてしまうので、逆効果です。
シャンプーは、1日1回程度にしておきましょう。
頭皮を洗うときは、指の腹を使い、マッサージするように優しく洗いましょう。

 

また、フケが以上に多い場合、批糠性脱毛症(ひこう性脱毛症)ではなく、脂漏性皮膚炎などの可能性があります。
状態に関係なく、症状がみられる場合は、皮膚科を受診することをお勧めいたします。

 

脂漏性脱毛症(しろう性脱毛症)

 

これは、頭皮の皮脂が過剰分泌することにより、頭皮が炎症を起こしてしまう脱毛症です。
頭皮をシャンプーしない状態が続いた場合などに起こる脱毛症です。
頭皮の表面は、ある程度の皮脂膜で覆われています。
そうすることで、頭皮の乾燥を防いでくれています。
ですが、空気中に混じるホコリなどが、この皮脂にこびりつくと、簡単には取れません。
そこから、最近が繁殖して、頭皮が炎症を起こすことで脱毛が起こるのです。

 

ですから、毎日正しいシャンプー方法で、頭皮を清潔にしておきましょう。
こうすることで、常在菌のバランスを保つことが、とても大切です。

 

また、食生活を見直してみるのも、ひとつの方法です。
油分の多い食事を摂っていませんか?
その場合は、油分を控え、バランスのいい食生活を送るようにしてみましょう。